倉敷最古の備前焼専門店 陶備堂 のホームページへようこそ

陶備堂では 、記念品・お土産・一家の財産として使用して楽しめる備前焼をおすすめします!

陶備堂:トップページ陶備堂:備前焼 販売商品カテゴリ陶備堂:お支払・配送について陶備堂:販売 運営者の紹介陶備堂:備前焼 新着情報陶備堂:備前焼 お問い合わせ陶備堂:カートの中

 

伊勢 満       陶印

 いせざき        みつる

昭和 9 年

岡山県重要無形文化財の細工師であった伊勢崎陽山の長男として生まれ

父 陽山にその陶技を習得する

昭和32年

岡山大学教育学部美術科彫塑専攻中退

昭和36年

備前焼中世の古窯(穴窯)を備前で初めて復元その焼成に成功する

昭和39年

日本工芸会正会員となる

昭和49年

第6回金重陶陽賞受賞

昭和59年

岡山日日新聞社文化賞受賞

平成 2 年

岡山県文化奨励賞受賞

平成 6 年

山陽新聞文化功労賞受賞

平成10年

第15回田部美術館大賞「茶の湯の造形」展大賞を受賞する

平成12年

岡山日日新聞芸術文化功労賞受賞

平成15年

町屋風の小さなギャラリー陶魚庵を新築

一階に4人の息子「卓・紳・創・競」の作品を展示、

二階には父陽山の細工物と古備前を展示している

平成16年

茅葺屋根の葺き替えをして茅葺ギャラリー陽山居とする

平成17年

日本伝統工芸展に伊部焼で初めて茶碗が入選する

平成18年

東広島美術に館蔵品として水指を買上げされる

平成19年

小形登窯と穴窯を築窯する

    その他  登り窯による緋襷の焼成に定評

          俳人高浜虚子氏 外10数氏の陶像を制作す

          岡山県重要無形文化財保持者に認定される

          俳誌 旭川、まきび、若あゆ、同人

 この作家の作品を見る