倉敷最古の備前焼専門店 陶備堂 のホームページへようこそ

陶備堂では 、記念品・お土産・一家の財産として使用して楽しめる備前焼をおすすめします!

陶備堂:トップページ陶備堂:備前焼 販売商品カテゴリ陶備堂:お支払・配送について陶備堂:販売 運営者の紹介陶備堂:備前焼 新着情報陶備堂:備前焼 お問い合わせ陶備堂:カートの中

 

小西 陶古

   こにし          とうこ

 主な作品は、ろくろによる花器、壷のほか、薄いへらで表面を

磨いた上手の鶴首一輪挿しなど。細工物は干支の置物をはじめ、

獅子、布袋などの七福神を手がける。「桟切の陶古」「細工物の陶古」

として知られ、伝統の技を大切に引き継いでいる。

 土は水簸土を使用。松割木だけの伝統焼成にこだわる。

 

 ■歴史

 代々作家の家系で、明治初期の細工の名工といわれた

永見陶楽(本名・駒造)の孫にあたる初代小西陶古(同・陶一郎)

が1926(昭和元)年に窯元を設立。

 初代陶古は桟切の考案者として知られ、三村陶景と共同窯を

経営する。

 現当主は、初代の二女で、54(同29)年に二代目を襲名し、

経営に当たっている。